会社設立代行のお金の話の記事一覧 - 会社設立の代行、費用はどれくらい?

会社設立の代行、費用はどれくらい?

会社設立代行のお金の話

会社設立代行のお金の話 | 11月24日更新

会社設立をした後、事業を成功させるには?


 

今まではサラリーマンとして働いていた人でも、独立して会社設立をした場合は会社としてどんな事業を行っていくか、会社を成功させるために何をしなければならないのかを考えましょう。
会社を成功させたいときは明確な事業を提案し、資金の把握や広告などを打ち出しましょう。

 
・成功させたいなら明確な事業を提案する!
会社設立をしたいとき、定款の作成で「事業項目」について記載しなければなりません。
このとき、明確な事業を提案して事業計画を立てていきます。
実際にこの事業を行う場合ビジネスとして成り立つのか、顧客を獲得できるのかということを考えなくてはなりません。
仮に、提案していた事業をそのまま行っても顧客を獲得できないと感じるときは、少し事業のやり方を変えて顧客を獲得できるようにするのがおすすめですよ。

 
・成功したいならしっかりと資金の把握をしておく!
会社として利益を出すときは、事業を提案した後に資金の把握をしておくことが大切になります。
資金の把握が出来ていないと事業を行ったとしても損失を出してしまう可能性もあります。
また、顧客を獲得する前に資金を使って、広告やWebサイト等を作成しなければならないこともあるので、今現在1つの事業でどれだけの資金を使えるかを確認しておきましょう。
資金がないという場合は他の企業に資金の援助をもとめたり、銀行の融資を受けられるように働きかけましょう。
事業を成功させたいのときは大々的な広告を打ち出したり、Webサイトを作るのに費用を惜しまないようにしましょう。
Webサイトの作成は後回しにされることが多いのですが、取引先や顧客に対する信頼性を確保しないと事業が成功するとは言えません。
今はまだ事業に向けての準備をしているという段階でも、会社情報を掲載したWebサイトを作り信頼を得られるようにしておきましょう。
引き続きそのWebサイトを使って顧客の目を引く公告ができるようになれば、日に日に顧客が増えていき事業を成功させることが出来るでしょう。

 
このように会社や事業を成功させるには、事業として上手くいくのかを考えて変更して顧客を獲得できるのであれば、少し事業の方針を変更したほうがいいでしょう。
また、会社としては事業に使える資金がいくらあるのかも把握しておかなくてはならず、公告などで損失が出来ないようにしましょう。
会社や事業を成功させるポイントは他にもいくつかあるので、いろんな方法から成功させることを考えて実行してみましょう。

会社設立代行のお金の話 | 10月24日更新

会社設立後に挨拶状を送る相手

 

会社設立後には、挨拶状を送るのがマナーとなっています。
実際に法律で決まっているわけでも、ルールとして決まっているわけでもありません。
しかし、会社や企業としてこれからやっていくのなら、挨拶が必要となります。
ただ、実際に挨拶状を送るとなると、どういう相手に送れば良いのかというのがわからなくなってしまうのではないでしょうか。
事実、挨拶をしなくてはならない相手は誰か考えても、そこまでパッと思い当たる人というのは、そこまで多くないのが現状となります。
まず、誰に挨拶するのかを考えて、しっかりと会社設立後には挨拶状を書きましょう。
近年は手紙の他、メールや電話で挨拶するという方がいます。
もちろんそれも良いのですが、やはり正式にははがきなどを使って挨拶するのが良いかなと言えるでしょう。
メールや電話が主流となってきている昨今は、相手に負担も書けないようにメールや電話だけということもあります。
そこは状況に合わせて考えていくことが必要となるのではないでしょうか。

ちなみに、会社設立後の挨拶でまず必要となってくるのは、取引先やクライアントに送るということです。
会社設立後に付き合いが始まるということもありますが、多くの場合は事業計画をしている間に取引先やクライアントというのも固まってきます。
もしくはもともと取引していて、そこから会社設立をするということもあるでしょう。
そうなった場合は、やはり取引先やクライアントに第一優先で挨拶状を送ることが必要となってきます。
その他、会社や企業として今後関わる人には挨拶をしておくのが通例となります。
例えば株式会社の場合は、株主への挨拶も必要となってくるでしょう。
ただ、合同会社のように出資する人と経営・運営する人が同一の場合には、挨拶も省くことができます。
要は状況によって大きく違ってくるということです。
そこもしっかり考えた上で、じっくりと考えてみるというのも良いのではないでしょうか。

なお、会社設立に関しては、どのような方法で挨拶をしても良いです。
そこは細かな規定があるわけでもありませんので、挨拶などのテンプレートを活用すると楽に挨拶ができます。
その他、わからないことがあるのなら専門家に相談することをおすすめします。
司法書士や行政書士、税理士などがいればかなり楽に済ませることができるでしょう。
気になる場合はそういう専門家に相談してから、挨拶を考えてみてください。

会社設立代行のお金の話 | 09月24日更新

会社設立の登記申請にかかる期間は?2020年からは24時間で完了できる!?

 

会社設立をするとき、手続きにはどれくらいの期間がかかるのかと思う人は多いです。
会社設立はスケジュールによって行うのがいいとされているのですが、登記の申請にはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。
そこで、登記の申請にかかる期間について見ていきましょう。

・登記の申請にかかる期間はどのくらい?
会社設立をするときは、定款の作成・認定を受けた後で登記の申請を行う必要があります。
登記の申請はその場ですぐに行ってもらえるというものではなく書類を作成し提出した後、申請が完了となるまでに一定の期間が必要です。
申請を行い完了までにかかる期間は大体、1週間~2週間と言われていてます。
この期間の間に、法務局側で審査を行うことになるため、最低限でもこのくらいの期間がかかってしまうと言われています。
しかし、申請を行い完了までにかかる期間は法務局によっても異なるので、スピーディーに会社設立をしたい場合は出来るだけ早く手続きをしたほうがいいと思います。

・2020年からは登記の申請完了が24時間でできるようになる!?
今現在は、登記の申請に1週間~2週間程度かかると言われているのですが、2020年には登記の申請から完了までにかかる期間が大幅に減少されると言われています。
というのも、2020年からは認証を終えた定款のデータを公証役場から直接送るシステムが出来ることで、認証と登記を同時進行でできるようになります。
このため、今までは1週間~2週間程度かかっていたものが、たった24時間でできるようになります。
まだ会社設立の準備段階だという人は、このタイミングを待って会社設立をしたほうがいいかもしれません。

このように会社設立するときの登記の申請には時間がかかります。
大体1週間~10日程度で申請が完了すると言われているのですが、手続きが遅かった場合は2週間程度かかることもあるので注意しましょう。
申請が完了するまで1週間~2週間程度であれば待てるという人もいれば、そんなに期間がかかるのと思ってしまう人もいるでしょう。
早く会社を設立したいのであれば、登記の申請に期間がかかることを考えて早めに申請をしたほうがいいと思います。
事前に会社設立に必要な書類を準備しておき、定款の作成・認証を受けた時点ですぐに登記の申請ができるようにしておきましょう。
2020年からは登記の申請が完了するまでに24時間となるので、会社設立を目指している人はこのシステムが開始されるまで待ったほうがいいかもしれません。

会社設立代行のお金の話 | 08月24日更新

会社設立と株主総会

 

個人経営の場合には全て自分の物なのですが、株式会社を設立する場合には、自分の物ではなく株主の物になってしまうのです。
それでも株式会社を設立する理由は、それだけいろいろな支援や援助を受けることができるからなのですが、よく株主総会という言葉を聞くことがあるでしょう。

会社設立前の人は、名前だけは聞いたことがあっても、どのようなものなのか知らないという人も多いのです。
簡単に言えば定款の変更や社長などの選任、会社の解散や合併を決めるなどの意思決定について話し合う場になります。

ようするに経営者とは言っても、株主から会社を預かっているような存在が社長や会長なのです。
しかし株主だからと言って、誰でも株主総会に参加できるわけではありません。

1単元以上の株を持っている人だけが参加できるのですが、1単元というのは、独自に決められている一定の株数のことです。
100株が1単元の場合もありますし、1000株が1単元の場合もあります。

1単元につき1票の投票権が与えられているので、個人で株を保有している人は、大半の人が株主総会に出席できるほどの株数を保有してはいません。
大半は別の会社の経営者がたくさんの株を保有しているので、このような人たちが参加しているのだと言えるでしょう。

中小企業の場合には、会社設立の際にそれほど多くの株数を設定しませんし、株主総会とも殆ど無縁なのですが、仕事は大手企業からもらうしかありません。
よって自分が仕事をもらっている大手企業の株というのはとても重要になるのです。

特に近年は外資が大量に入り込んでおり、日本の会社がどんどん外国資本に乗っ取られている状態です。
これは株を購入する場合、国籍などの制限が一切ないからです。

だからこそ多国籍企業やグローバル企業などという言葉が近年ではよく聞かれるようになってきたと言えるでしょう。
株主総会にも当然国籍に関係なく出席することができ、1単元以上の株を持っていれば、経営に口を出して1票投じることもできるのです。

会社設立の際には、株主総会や株式に関する勉強も多少は行っておくべきでしょう。
最初は中小企業であったとしても、のちに売り上げをたくさん確保できれば、資本金を上げて大企業の仲間入りが可能になる場合もあるからです。

そうすれば株主総会は避けては通れなくなるので、無関係でいるわけにはいきません。
取締役会や取締役の人数などについても知っておく必要があるのですが、わからない点は会社設立を助けてくれる業者や、行政書士などに聞いておくのがよいでしょう。

会社設立代行のお金の話 | 06月02日更新

おすすめの会社設立代行サービスとは

おすすめの会社設立代行サービスは、ベンチャーサポート税理士法人です。
これがおすすめなのは、まず会社設立にかかるすべての手続きを代行してもらえるからです。
わざわざ代行サービスを使うなら、そのすべての手続きをやってもらいたいですよね。
このサービスならそれができるんです。
(さらに…)

会社設立代行のお金の話 | 06月02日更新

代行費用の経理方法

会社設立の代行サービスを使うと費用がかかりますが、これは経費になりますので、経理処理をするときは忘れずに計上しておくといいでしょう。
このときに気を付けたいポイントは、会社設立後の経理処理に加えることです。
つまり会社設立の代行サービスでかかった費用は、その会社のお金で処理するという意味です。
(さらに…)

会社設立代行のお金の話 | 06月02日更新

自分で会社設立するときと代行時とで費用を比較しました

会社設立をするときも費用がかかるわけですが、どれくらいかかるのか、かなり気になるポイントですよね。
代行してもらうとさらに代行手数料がかかるわけですから、自分でやったときより高くなると思えるでしょう。
実際どうなのか、それぞれの費用を比較します。
(さらに…)

会社設立代行のお金の話 | 06月02日更新

手続きにかかる日数は?

会社設立を代行してもらうと、どれくらいの日数で手続きが終了するのか、この点も確認しておくといいですよ。
かかるその日数は、早い場合は1週間ほどです。
標準的な日数は2週間ほどになりますね。
代行サービスを使うなら、これくらいの日数を基本にスケジュールを立てるといいです。
(さらに…)

会社設立代行のお金の話 | 06月02日更新

行政書士による代行費用

行政書士に会社設立の代行をお願いすると、費用はどれくらいかかるのでしょうか?
これはサービス内容によってまちまちですが、安い場合は1万円以下といった例もあります。
これは個人では難しい定款の作成を主に代行する場合の最安値ですね。
受けられるのは、会社設立の手続きの流れの説明と、定款の作成のみです。
非常にシンプルな代行サービスになりますが、その代わりに料金が1万円以下になるなど、値段が非常に安くなるのが特徴です。
(さらに…)

top