代行サービスをつかってお得に会社設立をしよう - 会社設立の代行、費用はどれくらい?

会社設立の代行、費用はどれくらい?

代行サービスをつかってお得に会社設立をしよう

会社設立の代行サービスはありますが、それはもちろん有料サービスになりますので、費用がいくらになるか気になるところでしょう。
人気の代行サービスの1つ、ベンチャーサポート税理士法人を使った場合の値段をご紹介します。
このサービスの代行手数料ですが、実は一切かからない場合があります。
それで会社設立にかかる手続きをすべて代行してくれるんです。
0円で簡単に会社が作れると、人気の高い大手サービスです。

ベンチャーサポート税理士法人を通さず、自分で手続きすると合計24万2000円が必要になります。
会社を作るためにはその会社の運営者情報になる概要や、運営規則などが載った定款という書類が必要です。
コレを作ると収入印紙に4万円必要になります。
この定款は公証役場で認証してもらう必要があり、ここで5万2000円かかります。
その定款を始め、必要書類を揃えて法務局で登記の手続きも必要で、ここではさらに登録免許税として15万円必要なんです。
これらを合計して約24万円ほどのお金は、必ず必要になるんです。

もしこれを一般的な代行サービスにお願いすると、どうなるでしょうか?
このときは、個人では作成の難しい特殊な電子式の定款を作成できるため、収入印紙4万円分が不要になりますが、その代わりに代行手数料が必要になります。
差し引きで、結局は合計24万円ほど必要になることが多いですね。

お得に会社を作るのはなかなか難しいところなのですが、それができるのがベンチャーサポート税理士法人のサービスです。
ココで代行を頼むと、手続きを代行してくれたこの法人への手数料を0円に抑えられるため、会社設立にかかる合計費用が20万2000円ほどになります。
普通の代行サービスではなかなか実現できない、かなりの低価格です。

この手数料0円で会社設立の代行をお願いできるのは、もちろん特定の条件に当てはまったときだけなのですが、コレに当てはまるとさらに特別割引を受けられる場合もあります。
その値引き金額は時期によっても変わりますが、たとえば5万円の特別割引といった例がありますね。
この条件に当てはまると、代行手数料が0円で追加費用がない中、さらに5万円引かれますから、会社設立にかかる費用が合計15万2000円となります。
これだけの費用で会社を作るのは、自分でやったときはもちろん不可能ですし、他の代行サービスでも難しいことが多いです。
ベンチャーサポート税理士法人だからこその、特別な代行サービスなんですね。

この対応を受けられる方の条件は、会社設立が完了したあと、税理士と顧問契約を結ぶことです。
これが優遇の基本条件になります。
会社の設立と運営には、税理士を必要とすることも多いです。
特に必要度が高いのは、会社の運営後ですね。
日々の会計から節税相談、決算期の税の申告など、法人活動には税理士をパートナーとして必要とするのが基本です。

ベンチャーサポート税理士法人では、創業後に必要とするこのパートナー契約まで含めて、会社設立をサポートしてくれるんです。
税理士との契約まで含めて代行を依頼した場合、先ほどご紹介した優遇条件になります。
仮にコレを使わずに会社設立をした場合でも、結局は税理士との契約は必要になることが多いです。
ベンチャーサポート税理士法人のサービスならすべてをセットで行って、創業の初期費用を抑えられるんですね。

これは作る会社が合同会社設立だった場合でも同じです。
現在会社といえば株式会社が一般的ですが、合同会社も選べます。
株式会社に比べると社会的信用等がやや低いというデメリットもありますが、設立にかかる手続きが簡単で、費用も安く済むという大きなメリットもあります。
自分で作れば10万円ほど、代行してもらえば、会社設立にかかる費用6万円と代行手数料で、やはり合計10万円ほどが相場です。

ベンチャーサポート税理士法人のサービスでは、この合同会社の設立代行もお願いできます。
このときも会社設立後の税理士契約を条件に、優遇を受けられます。
代行手数料はやはり0円ですし、追加の割引がある場合もあるんです。
5万円引きなら1万円で会社を作れますし、それ以上の値引きがあれば完全無料で会社を作れることになりますね。
コレがちょうどいいと思う方は、会社設立の代行サービスはベンチャーサポート税理士法人を利用するといいでしょう。

もし税理士との契約は含めず、会社設立だけをお願いした場合は、どうなるのでしょうか?
このときは一般的な代行サービスと同じく、代行手数料が必要になります。
その値段は約5万円ほどですから、株式会社の場合は約25万円、合同会社の場合は約10万円かかりますね。

また、場合によっては会社設立後の税理士契約を条件とした代行のみで、それ以外の依頼は受けていない場合もあります。
このような例もあり、詳細はしっかり確認が必要ですが、条件面で問題がなければ、非常にお得な費用で会社設立を代行してくれるサービスになります。
なるべくお得なサービスがいいなら、ベンチャーサポート税理士法人のサービスはチェックしてみるといいでしょう。

top